SUP(スタンドアップパドル)とは

SUPとは

SUPとは、サーフィンで使用するサーフボードよりも厚みのある大きなSUPボードの上に立ち、パドルを漕いで水の上を歩いたり浮かんだりするのを楽しむスポーツです。

「Stand up paddle surfing(スタンドアップパドルサーフィン)」の最初の頭文字3文字を取って「SUP」と呼ばれます。

日本では、「パドボ」と言われることもあります。

発祥地はサーフィンの聖地・ハワイで、1960年頃から楽しまれるようになりました。

女性や子ども、中高年の人でも難易度が低く、手軽に遊べるマリンスポーツのため、最近では世界各国、日本でも人気のマリンスポーツになりつつあります。

SUPでの遊び方

SUPは、ただサーフボードの上に乗って漕ぐだけでなく、さまざまな遊び方があります。

サーフィンと違い、波が立つ場所でなくても良いのです。

そのため、川や湖、プールなど、水のある場所ならどこでも楽しむことができます。

また、乗り方もさまざまです。

そのまま立って漕いだり、船のように座りながら漕いだり、SUPボードの上で釣りをすることだってできてしまいます!

ボードに厚みがあり、安定しているため、2人で乗ることもできます。

サーフィンと違ってアクティブなスポーツではなく、のんびりとしたスポーツなので、複数人で一緒に海や川などの景色を楽しむこともできます。

しかし、上級者では、SUPでサーフィンをしたり、川の上流や激流の場所でアクティブな乗り方をする人もいますよ。

SUPは、一見簡単そうに見えますが、水の上で不安定なため、やはり最初はコツを掴む必要があります。

しかし、一度コツを掴めば、ゆったりと楽しむことができますよ。

立って漕ぐと、バランスを取るためのインナーマッスルが鍛えられるので、楽しみながらのダイエット効果にも期待ができます。

 

千葉でSUP体験するなら

千葉県でSUPを楽しむなら、海でも川でもおススメです。

千葉県は、海に囲まれているだけでなく川もたくさんあるため、SUPポイントが満載の県なのです。

SUP体験ができる場所では、丁寧に乗り方や漕ぎ方を教えてくれるため、すぐにコツを掴むことができ、初心者でもたったの数時間でSUPを楽しむことができます。

最初は陸上でSUPの基本動作を学んで練習してから水の上に乗るため、SUPボードから落ちるということはあまりありません。

また、海や川の基礎知識も教えてくれるため、行ってはいけない場所、SUPボードから落ちた場合の対処法なども分かります。

初心者の人からサーフィンの経験がある人まで、レベルに合わせて指導してくれるので、1人だけ取り残されるということもありませんよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です