千葉でサーフィンするメリット

レベル別千葉県のサーフポイント

千葉県は、県の半分以上が海に囲まれているため、サーファーにとっては非常に魅力的な都道府県の1つです。

特に南房総や外房はサーフポイントが数多くあるため、季節問わず、週末はサーファーでいっぱいです。

では、具体的に千葉県でサーフィンをするメリットは、どんなところにあるのでしょうか。

 

千葉県の海の特徴

千葉県を囲んでいる海は、深海と浅海、外洋と内湾、暖流と寒流が入り混じった環境にあるため、さまざまな海の生き物が多く、波もさまざまな表情があります。

そのため、サーファーは、初心者から上級者まで、さまざまな人が自分に合った波が立つサーフポイントを選んでサーフィンをしに行くのです。

特に外房の海は外洋に面しており、波が立ちやすいため、多くのサーファーが訪れます。

 

初心者にも上級者にも合うポイント

千葉県の外房にある、「片貝新堤」というサーフポイントは、初心者にも上級者にもおススメです。

1年を通して波があるため、技の練習をするのにピッタリです。

また、「御宿」というサーフポイントも幅広いレベルのサーファーが訪れる人気の場所です。

地形上、初心者でも乗りやすい波が立つことが特徴的です。

 

初心者に合った波が立つポイント

初心者には、「太東」というサーフポイントがおススメです。

安定した波が立つため、乗りやすいという特徴があり、初心者が多く訪れます。

また、「吉崎」という、外房の北に位置するサーフポイントは、ゆったりとした波が立つため、サーフィンを初めて間もない初心者が練習をするのにおススメです。

 

上級者に合った波が立つポイント

上級者には、勝浦市近辺にいくつかあるサーフポイントがおススメです。

風向きが複雑で、波の表情が頻繁にかわるため、技ができるような上手なサーファーが多い傾向にあります。

 

 

 

その他の千葉県でサーフィンするメリット

千葉県は、サーフポイントが多いだけでなく、他にもサーフィンから見るメリットがたくさんあります。

 

さまざまな波を楽しむことができる

千葉県を囲んでいる海は、さまざまな環境が入り混じっているため、サーフポイントによって波の表情が全く違います。

隣同士にあるサーフポイントでさえ、地形の形によって波の大きさや立ち方が変わるほどです。

さらにそのサーフポイントの数が非常に多いため、サーファーによっては、毎回違うサーフポイントに行って楽しんでいる人もいます。

 

他県の人もアクセスしやすい

東京、神奈川、北関東に隣接しているため、その地域に住む人も、さほど長い時間をかけずに海にサーフィンをしに行くことができます。

仕事上、どうしても職場の近くに住まなければならないが、サーフィンを頻繁にしに行きたい人でもアクセスしやすいところがメリットです。

都内から車で2時間以内で行けるサーフスポットが数多くあります。

 

住んだとしても住みやすい

千葉県は、東京都内にも近く、何でも揃う上、程良く田舎の部分もあるため、住むのにも住みやすい県だと言えます。

物価も都内に比べると安く、家賃なども安いため、サーフィンを頻繁にしたいサーファーは、職場が東京にあったとしても千葉県に引っ越してくる人もいるほどです。

また、東京オリンピックの正式種目となったサーフィンの会場も千葉と決まったことは広く知られていることです。

 

海沿いでなくてもサーフショップがある

千葉県は、サーフポイントの宝庫なので、海沿いではない地域にもサーフショップがたくさんあります。

「週末のサーフィンのために少しサーフィングッズを買い足したい」と思ったときには、わざわざ遠くの海沿いのサーフショップに行かなくても、サーフィングッズを購入することができるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です